髪の毛」タグアーカイブ

秋は抜け毛が多い

最近抜け毛が多くなった!?秋の抜け毛とヘアポイント

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。

私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

私たちは今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

秋になると抜け毛が増えると言われています。
それは夏の過ごし方が原因かも。

そんな人でも大丈夫!
美しい髪を保つポイントをお伝えします。

髪の美しさは秋でわかる

夏の生活スタイルで抜け毛がかわる

夏の生活スタイルで抜け毛がかわる

1年中で髪の美しさが問われる季節。
それは夏の終わりにかけて、秋口と言われています。

秋はホルモンバランスが崩れやすく、抜け毛になりやすいのです。
というのも夏の過ごし方で、髪の毛の栄養が行き渡るかどうかで変わってきます。

夏は頭に汗をかき、皮脂で髪の毛穴が詰まりやすく、新しい毛が育ちにくくなります。
その上強い紫外線で頭皮ダメージで、血行が悪くなり毛根が弱体化。

さらに冷たい食べ物や食欲不振でプチ栄養失調を起こすと、
髪の毛のすみずみまで栄養が行き届かなくなり、抜け毛へとつながります。

人は毎日髪の毛が抜けていますが、同じ量が生え変わっているのが通常。
しかし体調不良などでホルモンバランスが崩れると、抜け毛量が増えてしまうのです。

よく妊娠すると抜け毛が増えるというのは、ホルモンバランスが原因。

で食事や生活のアンバランスになった人は、この季節の髪の毛に注意が必要かもしれません。

髪の質は食事で改善

食事で抜け毛改善

食事で抜け毛改善

秋に抜け毛が多くなったらどうすればよいのでしょうか。
夏の過ごし方で抜け毛が増えた場合でも、今からの食事を変えることで防げます

というのも、抜け毛は頭皮の栄養が行き渡らないことが原因。
髪の毛によい栄養をたっぷりとって、健康的なツヤ髪を取り戻しましょう!

髪の毛によい食事は

ビタミンB群・・・アジ、カツオ、マグロ、豚肉 レバーなど

タンパク質・・・大豆、卵、乳製品、肉、魚

カルシウム・・・小魚、乳製品など

ヨード・・・わかめ ひじき 昆布などの海藻類

これらを含めて、腹八分目でバランスの良い食事を心がけましょう。

注意することは動物性脂肪の肉や魚。
偏って取りすぎると脂肪が多くなり、毛穴が詰まるきっかけになります。

逆に大豆製品はイソフラボンで女性ホルモンを助けてくれるので、おすすめです。
くれぐれも食べ過ぎに注意しましょうね。

抜け毛を防ぐ生活の工夫

シャンプーやトリートメントはよくすすぐ

シャンプーやトリートメントはよくすすぐ

シャンプーをするときも一工夫を。
指先で優しくシャンプーするのはもちろんですが、
よくすすいでシャンプーが頭皮に残らないようにするのがポイント。

さらにそのあとのトリートメントのつけ方が重要です。
トリートメントは髪の毛をサラサラにさせるため、シリコンなどの成分が入っています。
これらの成分は毛穴を詰まらせる原因になります。

トリートメントをつけるのは毛先だけにして、地肌につかないように注意しましょう。

また睡眠も発毛には大切な時間です。
寝ている間に、毛の成長を促す成長ホルモンが分泌されます。

夜10時〜夜中の2時はホルモンのゴールデンタイムなので、この時間帯に寝るようにしましょう。

睡眠不足の他に、お酒、タバコやストレスも抜け毛の原因
生活習慣が乱れると、頭皮の血行が悪く、ホルモンバランスが崩れやすくなります。

そうなると抜け毛が増えやすくなるので注意しましょうね。

頭皮を刺激するマッサージ

ヘッドマッサージもおすすめ

ヘッドマッサージもおすすめ

髪の毛の健康に、頭皮マッサージもオススメです。
頭が柔らかくなると、肩こりや血行不良の改善にもつながります。

頭皮も顔や首との筋肉でつながっているので、こり固まらないようにほぐしていきましょう。

頭をマッサージするときは

・頭頂の百会というツボあたり
・頭の側面
・後ろの首筋
・耳の下のくぼみ

これらを強く押しすぎず、優しくタッチしてほぐしましょうね。
時間があるときはヘッドスパなどで、頭を揉みほぐしてもらのもいいですね。

まとめ

頭の血行が改善して抜け毛が減ってくると、肌のくすみも改善してきます。
顔と頭は血管がつながっているので、肌にもいい効果が期待できます。

Santéでは、身体と心の健康に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。
「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

LINEで送る
Pocket