首元」タグアーカイブ

美しい首の秘訣

スタイルがよく見える美しい首 首元美人の秘訣

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。
私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、
内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

すらっとスタイルがいい人は首元もスマートではありませんか?
意外に見落としがちな首元を意識して、美首にしていきませんか。

スタイルがよく見える美しい首

美首は作れる!

美首は作れる!

ほっそりと長い首。
美しい首と聞くと、そのようなイメージを浮かべる人も多いのではないでしょうか。
外国人のようにスラリとしていると、それだけでもかっこよく見えます。

顔と違って、首元のケアはあまり意識している人は少ないですが、
案外目につきやすい場所。

「私は首が長くない〜〜!」と思っている方でも大丈夫。
首元の工夫次第で、美首に見せることができます。

また首元の印象は若さのイメージに直結します。
首はメイクをしない分、年齢がわかりやすいところなのです。

肌と同じ皮膚の薄さしかないので、トラブルも発生しやすい要注意な点も。
今まで首元を意識していなかった方は、ぜひ一度見直してみましょう。

首ダメージを受けやすい要因とは

首ダメージは姿勢と紫外線

首ダメージは姿勢と紫外線

首が影響を受けやすいのは、姿勢と紫外線
これらによって首シワや首イボができやすくなります。

特に姿勢は首シワを引き起こしやすい原因です。

  • 枕が高すぎてあっていない
  • 首や鎖骨が凝っている
  • 姿勢が悪く、猫背になりがち

こんな人はしわ寄せが、首にきてしまいます。
運動や血行をよくして、シワを予防していきましょう。

首イボの原因は老化やUVによるもの。

  • 首元が日焼けしやすい
  • あせもや湿疹ができやすい
  • よく首をかいてしまう

こんな方はイボに要注意。
紫外線予防や外的な刺激を与えないように工夫が必要です。

美首になる4つの習慣

首ダメージを減らして、美首を保つ習慣を身につけていきましょう。
首ケアもスキンケアと同じく、一日だけですぐに効果は出ないかもしれません。
でも毎日工夫することで、健康な首元を保つことができます。

スカーフやマフラーを巻いて温め&紫外線予防

スカーフやマフラーで紫外線予防

スカーフやマフラーで紫外線予防

外出が多い方は、首元を守る布を一枚巻いておきましょう。
特に冬は首元が冷えやすく、血液の流れを悪くする恐れがあります。
血行が悪くなると、血管が太くなり首も太くなりやすくなるので、
なるべく温めてほっそりと美しい首を目指しましょう。

姿勢や目線に気をつける

姿勢や目線を意識しよう

姿勢や目線を意識しよう

姿勢はピンと背骨を立てるように意識しましょう。
首回りや肩周りが凝ると、血行不良や首のシワができやすくなります。
首を無理に下向けたり、うつむき姿勢が多い人は首シワができやすいのです。
スマホを見るときの姿勢は、悪くなりやすいので、今一度見つめ直してみましょう。

枕は横になったとき、背骨が一直線になるように

枕の高さは横になった時

枕の高さは横になった時

高すぎる枕も、首を折り曲げるのでシワを作りやすいのです。
枕の高さは横になったときに、首と背骨が一直線になるのが良いと言われています。
高すぎて、首にシワが入っていないかチェックしてくださいね。

鎖骨や首元をマッサージして血行促進

首元マッサージで血行促進

首元マッサージで血行促進

リンパの流れをよくするために、鎖骨や首をマッサージしてみましょう。
マッサージの時は強い刺激を与えず、指で優しくさする程度でOK
鎖骨の下あたりを肩の方から心臓の方に、流すように撫でます。
耳の後ろから首下まで流すようにマッサージしても気持ち良いですよ。
首の血流を流すことで、小顔効果もあります。

ちょっとした工夫ばかりですが、長く続けると効果的ですよ。
どれも簡単にできるものばかりなので、ぜひ取り入れてくださいね。

まとめ

見られていないようで、意外と見られている首元。
トラブルがない時は気がつかないのですが、シワやたるみ、イボが出てくると
顔全体の印象にも影響してしまいます。

そうなる前に事前のケアで美しく保っていきましょうね。
Santéでは、身体と心の健康に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。
「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket