静電気」タグアーカイブ

ヘアスタイルと静電気

髪の印象で見た目が決まる!静電気の防止対策

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。
私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、
内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

乾燥する季節になると、ひどくなる髪の毛の静電気。
スタイリングがまとまらないだけでなく、その人の印象も老けて見えてしまいがちです。
そんな静電気で悩まされている方に朗報。

ちょっとした工夫で、改善させることができるのです。

髪に静電気が発生しやすい環境とは

髪のパサつきは静電気が原因

髪のパサつきは静電気が原因

髪の毛に静電気を帯びやすいのは、冬の乾燥しやすい季節
湿度が40%を下回ると、一気に静電気が発生しやすくなります。

また冬の季節は衣類の重ね着が多くなります。
+電子を帯電しやすいナイロンやウール、ー電子のアクリルやポリエステルを重ねると、
バチバチと静電気を起こしてしまうのです。

それだけでなく、髪の毛ではブラッシングやシャンプーでしすぎでも
髪の毛を傷める原因になり、静電気を起こしているのです。
また頭皮の乾燥も静電気の原因なので、洗いすぎも要注意

静電気を起こして髪の毛がまとまらないと、
老けて見えたり、お手入れをしていない印象にもなってしまいます。

ヘアスタイルは額縁に例えられるほど、顔と髪の毛はセットでその人の印象を左右します。
せっかくメイクで顔をバッチリ決めても、髪の毛がボサボサでは残念な結果になるでしょう。

そうならないために、髪の毛に静電気を起こさない工夫をご紹介します。

静電気対策は湿度とイオン!

ヘアスタイルは湿度とイオンにこだわろう!

ヘアスタイルは湿度とイオンにこだわろう!

髪の毛の静電気を抑えるには湿度とイオンがベストです。

部屋の湿度が40%以下になると、急に静電気が発生しやすくなります。
ですので、加湿器などで部屋の湿度を保つことが大切。

また髪の毛がパサついている時は、ミストやオイルでうるおいを補給しましょう。

・加湿器をつける
 湿度を40%以上に保って静電気の発生を抑える

・ブラッシングする時は上部をミスト、真ん中より下にオイルをつける
 またはホットタオルを頭に置いて、少し蒸らす

・ブラシはプラスチック製ではなく、獣毛や木製で静電気を抑える

・髪の毛は一気にとかず、毛先から少しずつとかしていく

・なるべく素足になることで、静電気を下から逃す
 (寒さが耐えれる程度にしましょう)

・髪の毛を痛めない程度にカラーやパーマを行う

・ヘアオイルやミルクで髪の毛の保湿対策

・イオン放出ドライヤーで静電気を抑える

ドライヤーを選ぶ時はマイナスイオン放出するものを選ぶと、静電気が取れやすくなります。
ドライヤーで髪質が変わると言われているほどですので、気になる方は調べて見てくださいね。

静電気の原因は乾燥
ですので、乾燥しにくいようにドライヘア用のシャンプーを選んだり、ドライヤーを当てるときにオイルをつけてキューティクルを守るのも効果的です。

髪の毛がみずみずしいと、自然とツヤが出てきます。
ちょっとした工夫で、見た目の若々しさを引き出していきましょう。

もっとキレイを知りたいならLINE公式へ

髪の毛のスタイリングが決まらない冬。
パサつきや静電気、アホ毛は、にくいにくいトラブルです。

髪の毛も肌と一緒で、基本は保湿ですね。
一手間かけて、周りと差をつけちゃいましょう。

Santéでは、身体と心の健康に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。
「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket