精神美容」タグアーカイブ

夢を叶える習慣化

私の夢を叶える習慣化

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。

私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

私たちは今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

いつものルーティンで、私たちの性格が作られているといいます。
言葉のくせ、考えのくせ、行動のくせなど。

くせが積み重なって、自分自身を作り上げているのです。
「こんな自分になりたい」と思ったら、習慣を変える意識をしてみませんか?

人生を変える習慣とは

習慣は人生を変える

習慣は人生を変える

マザーテレサの有名な言葉があります。

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

その中でも習慣は、その人の性格に結び付くといいます。

初めは「難しい」と思っていたことが、慣れてくると簡単に感じる、
そんな経験をした人は多いと思います。
それはいつの間にか習慣化しているから。

もし普段から

「わかっていてもできない」
「面倒で行動できない」

という人は、習慣化する意識を持ってみましょう。

とは言っても習慣化するのは、簡単ではありません。

・ダイエットしたいからお菓子を制限する
・早起きしてジョギングする
・毎日読書をする

いざやろうと決めていても、3日坊主になる人も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は習慣化のコツをひも解いていきます。

誰にでもある現状維持メカニズム

現状を変えないメカニズムがある

現状を変えないメカニズムがある

いつもと違うことをするときは、どうして難しく感じるのでしょうか。
実は私たちの脳は「現状維持メカニズム」という作用があります。

新しい場所にいくより、今いる環境により戻そうとする心理作用です。

昔は新しくリスクを犯さないことで、生存率をあげる役割を持っていました。
ですが、この現状維持メカニズムが


「今よりいい環境はないな」
「いまいちだけど、このままでも問題ない」
「どうせできっこない」

など、一歩踏み出す勇気を邪魔することがあります。

誰でも新しいことに挑戦することは、不安です。
そんなときは自分の中で「現状維持メカニズム」を知っておくだけで、
自分を客観的に判断をすることができます。

では、どのようにして新しい習慣を身につければいいのでしょうか。

3週間すれば習慣になる

習慣にするまでは3週間

習慣にするまでは3週間

アメリカの学会では、3週間続けると習慣になると言われています。
ですので、まずは1ヶ月の目標を立ててみましょう。

1ヶ月続けれることができればパターン化し、自然に行動に移せるようになります。
いったん習慣化できれば、やる気がなくてもできてしまうのです。

3週間ほどで脳の習慣が切り替わる。
とは言っても、いきなりハードルの高い目標はオススメできません。

まずは「毎日そつなくできること」から習慣してみましょう。

  • 靴をそろえる
  • 鏡を磨く
  • 帰ったら「おかえり」という
  • お風呂掃除する

初めは小さな目標を、1つずつクリアしていきます。
なれてきたらさらに1週間ずつ目標を増やしていきます。

小さな目標を達成することで「ルーティンを変える」習慣が出来上がってきます。
そうすることで、徐々に大きな習慣にチャレンジしやすくなるのです。

初めは小さな目標でも、少しずつ叶えたい自分に近づいていけますよ。

習慣化を身につければハッピーなことだらけ

習慣はハッピーになる

習慣はハッピーになる

習慣化をコントロールできれば、精神的にも楽になってきます。

・良い習慣化をして、幸せな気持ちになる
・仕事が効率化し、やる気がアップする
・面倒だと思っていたことも、継続できる
・なりたい自分に近づけて自信になる

「自分が変われば周りが変わる」ことが感じられると、
気持ちもコントロールできるようになってきますよ。

そのためには毎日の習慣化することとは別に、目標を設定することもオススメします。

  • 6ヶ月後に体重−5kg
  • 1年後にお金を貯めて海外旅行
  • 3ヶ月後に資格を取る

目標を達成するために、小さな目標をコツコツ積み上げることは大切です。
特に自分のためではなく、誰かのための目標はとても強力です。

  • 親にプレゼントする
  • 友達と一緒に旅行へ行く
  • パートナーに美味しい料理を作る

自分だけでは頑張れないことでも、人のために頑張れることは多いのです。
誰かと約束を共有して、やる気をシェアするのもいいでしょう。

初めは

「こんなの必要かしら?」
「めんどくさい」
「やっぱりやめようかな」

という現状維持メカニズムは必ず起こります。

そんな気持ちとうまく折り合いをつければ、
身に付けたい習慣が、当たり前に変わっていきますよ。

まとめ

気持ちの切り替えは、習慣化にとても大切なことです。
習慣化といえば大ごとに聞こえますが、まずは1ヶ月続ける目標にすると、気持ちも楽ですよね。

いい習慣を身に付けて、ハッピーになりましょう。

Santéでは、身体と心の健康に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。
「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket

こちらの関連記事もオススメ♪
ストレスと美肌

美肌の大敵!脳を休めてストレスを減らす

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。

私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

私たちは今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

最近忙しくて、頭の中がいっぱいという状態になっていませんか?
もしかしたら脳が疲れて、肌に影響しているかも。

脳と美肌の影響をお伝えします。

脳ストレスが美肌に影響するワケ

ストレスは肌に影響する

ストレスは肌に影響する

脳ストレスとは
「右脳と左脳をバランスよく使っていないために起こる精神的な疲れ」
だと言われて
います。

筋肉痛のようなもので、脳が正常に機能しにくくなります。
実は脳ストレスがかかると、美容にも影響するのです。

脳ストレスが続くと、ホルモンのバランスが崩れやすくなり、皮脂の増加、肌バリアの低下など肌トラブルが一気に増大してきます。
また活性酸素が増大し、老化を促進するとも…。

この状態ではスキンケアを頑張ったところで、改善は難しいでしょう。
何より脳が疲れると自律神経が乱れ、胃腸障害、睡眠障害、気持ちの落ち込みにつながります。
最悪の場合、うつ病など精神疾患になる可能性も。

そうならないために脳ストレスが溜まっていないか、一度チェックしてみましょう。

もしかして無理してた?脳ストレス度チェック!

脳ストレスに注意

脳ストレスに注意

デスクワークが多い現代人は、特に脳ストレスがかかりやすい状態です。
知らない間に、脳をパンクさせているかも…。

定期的に、脳ストレスをチェックしてみましょう。

脳ストレスチェック

  • 頭がぼんやりして、作業に飽きやすい
  • 常に眠くなる
  • 夜ぐっすり眠れない
  • 常に肩こりや頭痛がある

チェックが多い人は要注意です。
脳がSOSを求めているかもしれません。

特に今はSNSなどで情報がたくさん入りやすい環境です。
そんなとき脳が情報を処理しきれず、それだけでもストレスが増えやすくなっています。

また脳がストレスをためやすい環境があります。

  • 長時間同じ姿勢で作業することが多い
  • 40度以上の熱めのお風呂に入っている
  • 汗をかくような運動をしている
  • キリのいいところまで作業しないと気が済まない
  • 疲れたら栄養ドリンクをよく飲む

こんな習慣がある人は、脳が疲れやすくなっているかも。
ではどうやって、普段から脳のストレスを回避すればいいのでしょうか。

脳リラックスできる工夫とは

適度にリラックスしよう

適度にリラックスしよう

脳ストレスを解消するには、普段のちょっとした工夫で防げます。
脳が疲れにくくなると、体調コントロールができ、気持ちも晴れやか!
集中力も続くので、自分とやりたいことを思いっきり楽しむことができます。

ぜひ取り入れていきましょう。

パソコン作業は1時間ごとに小休憩
 飽きたと思ったら、5分ほど休憩しましょう

ランチタイムは風や緑に触れてゆっくりと
 自然は脳にリラックス効果を与えてくれます

疲れた時は伸びをして血流アップ
 栄養ドリンクやエナジードリンクはNG。
 カフェインが入っていて、脱水を促進してしまいます

運動は軽めのウォーキングやヨガ
 汗をかく激しめの運動はストレス解消にはならないそう
 特に脳が疲れている時は、自律神経に負担をかけるので控えるのがベスト

食事はヘルシーに油は避けて
 脳ストレスが溜まっている時は胃腸も弱り気味
 油物は、胃に負担をかけて悪循環になります
 そんな時は鶏肉や卵、豆腐などヘルシーな食材を選んでみて

お風呂は38度程度のぬるま湯に 
 熱いお風呂は心拍数を上げて、自立神経の負担になります 
 ぬるま湯で体をマッサージしながらお湯に浸かると、さらに血流アップし脳ストレス軽減になります

好きなアロマでリラックス効果 
 香りは脳に刺激を与えてくれます
 特に好きな香りはリラックスさせてくれるので、お気に入りのアロマを試してみて

色々考えすぎて、どうしても脳ストレスが取れないときは森林浴海水浴がオススメ。
自然に触れることは、思っている以上に私たちによい影響があります。

近くの公園に散歩行くだけでも、気持ちが和らいできますよ。

まとめ

昔の哲学者は散歩をしながら思想にふけっていたそう。
四季を感じながら歩くことで、脳がリラックスし、いいアイデアが浮かべていたのですね。

机に向かっているだけでは、どうしても脳ストレスが溜まりやすくなります。
時間を決めてストップさせることで、脳ストレスを溜めない習慣を作っていきましょうね。

Santéでは、身体と心の健康に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket

こちらの関連記事もオススメ♪
精神美容とは

肌は心とつながる「精神美容」とは

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。
私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

私たちは今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

今回は美容トラブル原因の半分以上をしめる、心の状態を肌に反映させる「精神美容」のお話です。

肌トラブルは心の状態を反映する

肌トラブルお悩み

肌トラブルの悩み

「お肌のケアをしているのに、くすみが消えない」
「生活習慣も気をつけているのに、肌荒れが治らない」

そうゆう方は、心の状態が肌に出ているのかもしれません。
肌トラブルの約半分は、心の状態から招いていると言われているほど、精神面は美しさに関係があるのです。

「最近、あの子の肌ツヤがいいね」
と言われる人は、仕事もプライベートも順調で、気持ちが健やかな人が多くないでしょうか。

今まで着飾った可愛らしさが人気でしたが、今後はナチュラルメイクが注目されたように「内面からの美しさ」を目指す女性が増えると思います。
若い頃は、メイクや年齢で外面をアピールできましたが、30代ごろからいろんな人生経験を積み上げていくうちに、顔の表情や言葉遣いに人柄が現れてきますよね。

そんな風に肌も「心のあり方」を反映してくるのです。

逆にストレスまみれの時は、肌のトラブルが増えてきます。
ストレスに振り回されて、食生活や睡眠が乱れてくると、身体に過度な負担をかけるので、身体の内側からも肌に負担をかけてしまいます。

そんな時は、いくら高級な美容クリームを使ったところで効果を出すのは難しいでしょう。

では、どんなふうに心の健康を作れば良いのでしょうか。

自分を知ることが、美容の一番の近道

美容の近道

美容の近道

心の健康を知るためには、自分の今の気持ちを整理する必要があります。
誰かに話を聞いてもらう、紙に書き出すでもいいでしょう。

今ストレスになっていることを、きちんと認識するだけで、自分を俯瞰的に見ることができ、少しだけ気持ちが楽になります。

可能であれば、ストレスの原因を取り除くのが一番ですが、忙しい現代人はすぐにそうするわけにはいきません。

まずはできることから、少しずつ取り入れていきます。
ストレスで食生活が乱れていたら、野菜の摂取から。運動不足であれば、ジョギングやヨガからなど、自分のやりやすい方法を見つけていきましょう。

習慣づけるまで、難しく感じるかもしれませんが、ひとつのことができるようになると、楽しみがどんどん増えて、ストレスとの付き合い方が変わってきますよ。

最近では、SNSやテレビなどの情報過多が、知らない間に不安感やストレスの原因になっています。
特に新型コロナウイルスでの自粛期間中は、ネガティブな情報が多く出回り、精神的に気が滅入る人も多かったのではないでしょうか。
自粛という、急な一時停止にどうゆう風に時間を使えばいいのかわからず、戸惑った人も多いはず。

そんな時は、不安感をあおるような情報とは、距離を取ることをオススメします。こういったスマホやテレビから離れる「デジタルデトックス」と言います。

情報から離れることで、外部に振り回されることがなくなり、普段の自分の考えや感情と向き合う時間が大切です。

心の健康を保つためには五感が必要

五感を感じる

五感を感じる

心の健康を保つための、一番の方法は「五感を使うこと」
五感とは視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚のことをさします。

内面から美しい女性というのは、自分の感覚に素直な人ではないでしょうか。

良い恋愛をしている人がキレイになるのは、恋人を五感で感じているから。
デートをしている時は、一緒に食事するだけでも、いろんな感覚をフル活用していますよね。

五感は人間に備わった、素晴らしいスイッチです

例えば、公園で自然に触れることや、美術館で作品をみる、好きな音楽を聴く、美味しいものを食べるなど、たくさんの五感を感じる方法があります。

感覚を心地よくする方法を持っておくと、いざストレスに飲み込まれた時でもセルフコントロールできます。

さらに五感を使えば使うほど、感性が鋭くなってきます。
そうすることで自分軸が強くなり、周りに振り回されることも少なくなります。

何より、心が健康的な人ほど魅力的な人はいませんよね。
気持ちが安定することで、ひとりひとりの美しさが光るのだと思います。

 もっとキレイを知りたいならLINE公式へ

肌トラブルは、スキンケア方法ばかり取り出されていますが、体の内側や心との関係性なしで美しくなれません。

普段から通勤ばかりで、楽しみがない。スマホばかりで、トキメキが少なくなったという方は、要注意です。五感を使う機会が少なくなっているのかもしれません。

少しずつでもいいので、感覚が研ぎ澄まされる場所や人にあって、新しいスイッチを入れて見てくださいね。

 Santéでは、身体と心の健康肌に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket

こちらの関連記事もオススメ♪