大切」タグアーカイブ

自分らしく過ごす女性

「キレイ」の概念打ち破ろう!自分らしい「美しさ」を発揮するには?

こんにちは、Santéです。
「外から・内から・こころから」の3つの美容バランスを整える「3Balance & Well-Being」がSantéのコンセプト。新たな美と健康の文化創造を目指しながら、心身だけでなく社会的にも健康になりたい女性を応援しています。そのなかでもこちらのブログでは、Santéの考える美容についてお伝えします。

「キレイな人」と聞いてどのような人をイメージしますか?透きとおるような陶器肌の女性?シミ・シワのないお肌?イメージを思い浮かべる方もいれば、特定の著名人を思い浮かべる方もいるでしょう。

「美しい」基準や目標、理想の人物を作ることは悪いことではありませんが、それに捉われていませんか?「こうでなくてはならない」と思うと自分の欠点ばかりに焦点が当たってしまいがち…。そうならないためにも「自分らしさ」を大切にする方法をお伝えします。

「こうあるべき」に捉われない

自分らしさについて考える女性

一般的に言われる「キレイ」という概念に捉われていませんか?たくさんの人が言う「キレイ」は一種の美しさかもしれません。しかし、「美しさ」はその一択だけなのでしょうか?

美しさの定義は人それぞれでOK◎一般論に振り回される必要はありません!自分なりの美しさ、自分の魅力を活かした美しさ、それが「自分らしさ」につながるのではないでしょうか。

憧れの人物像を持つことが悪いということではありません。ただ、その人物そのものになろうとするのは少し違いますよね。近づこうと自分磨きをするのは良いですが、自分の魅力をかき消してしまうのはもったいない!

せっかくなら自分ならではの美しさを見つけてみませんか?そのためにも、大切になってくるのが自分と向き合うことです。

「自分らしさ」を大切にするための方法3選

自分と向き合って自分らしさを見つける女性

「自分らしさがわからない」という方は意外と多いのではないでしょうか?自分らしさが見つけられる、また大切にするための方法を3つご紹介します。

自分の良いところを活かす

まずは自分の魅力・良いところを見つけましょう。自分ではどうしても見つけられない…という方は友達と次のワークをしてみてください。

お互い向かい合い、1分間、相手のことを観察します。次に、1分ずつお互いのステキなところを言い合います。それは顔でも良いですし、雰囲気、声などなんでもOK◎

自分ではコンプレックスだと思っていたことが、相手にとっては魅力に映り、新しい発見があるかもしれませんよ♪

少し気恥ずかしいとは思いますが、第三者から見た自分の良いところを客観的に知ることができます。言われたことをヒントに自分の魅力を見つけ、その魅力を磨いてみてくださいね

自分の感覚や感情に素直になる

自分の感覚・感情と向き合う女性

自分の心に耳を傾け、感覚・感情に素直になっていますか?「自分らしい」と言われてピンとこない場合は、反対に「自分らしくないこと」をピックアップしてみるのもアリ

自分らしくないと感じることをやめたり、「ちょっと違うかも」と思うことを遠ざけてみたりなど、自分の素直な気持ちに従ってみましょう。

このとき、気を付けたいのが「自分らしくいること」と、「自分勝手」との違い。自分らしさとは、自然体で自分の能力を発揮できる状態です。一方、自分勝手とは周りの迷惑を顧みずに行動をすること。

ここの1点をはき違えないように、自分の気持ちに向き合ってみてくださいね。

流行りは乗っても流されない

流行りのメイクやスキンケアアイテムを使うのは良いですが、自分に似合うものや肌に合うものを使っているでしょうか?「流行りにのらなくちゃ!」と焦ってしっくりこないと感じながらも流行りのものを取り入れてはいませんか?

流行りを取り入れたくて取り入れるのはOK◎しかし周りがそうしているからと自分の意志ではない場合は、自分らしさを遠ざけてしまうかも…。「流行りは流されない」のがポイント!

「自分らしい」を見つけるために自分と向き合おう

自分らしさを見つけた女性

自分と向き合うことはときに怖いこともあります。そんなときは無理をする必要はありません。自分と向き合う心の準備ができたら、自分の顔や性格、言葉遣いなど、それぞれの特徴やクセに意識を向けてみてくださいね。

自分では「コンプレックス」と捉えていたものが、他人から見ると「魅力」に変わることもあるので、第三者の意見を聞いてみるのもおすすめですよ♪

五感が心地よいと感じるライフスタイルを送るためにも、まずは自分自身を知ることから。Santéでは自分の現在地を知るお手伝いとして、無料のパーソナルカウンセリングを行っています。まずはお気軽にLINE公式のご登録を◎「お肌のカウンセリング」ではなく、「自分自身と向き合う時間」として、ご活用いただけたら幸いです。

こちらの関連記事もオススメ♪
自分を愛でている美しい女性

心と肌の「うるおい美人」になるには?自分を愛でる方法3選

こんにちは、Santéです。
「外から・内から・こころから」の3つの美容バランスを整える「3Balance & Well-Being」がSantéのコンセプト。新たな美と健康の文化創造を目指しながら、心身だけでなく社会的にも健康になりたい女性を応援しています。そのなかでもこちらのブログでは、Santéの考える美容についてお伝えします。

普段の生活のなかで、自分を「愛でて」いますか?また「キレイになりたい」という想いが強いばかりに、無理をしてストレスをためていませんか?「愛でる」ということは自分自身を大切にすること

「どういうふうにしたらいいの?」という方に、こちらの記事では自分を愛でる方法を3つご紹介します。

「愛でる」と「甘やかす」の違いは?

愛でている?甘やかしている?

先ほども述べたように、自分を「愛でる」ことは自分を「愛し、大切にする」ことです。ここでひとつお伝えしたいのが「甘やかす」のとは違うということ!では、どのような違いがあるのでしょうか?

「愛でる」:自分を愛し、大切にすること
「甘やかす」:怠けたり、だらしなかったりすること

たとえば、このようなケースを思い浮かべてみてください。一日頑張ってクタクタになって帰宅したとき…

1.顔を洗って寝る
2.明日の朝洗おう

「1.」が自分を愛すること、「2.」が甘やかすこと。違いは一目瞭然ですよね?自分を甘やかすと「やってしまった…」と落ち込んだり、後悔したりして自分を責めてしまいがち…。すると心も不健康になってしまいます。

心の健康は美容にとってとても大切です!心を元気にするためにも、自分を「愛でる」習慣を取り入れてみてくださいね。

自分を「愛でる」ための習慣3つ

愛でる習慣で自分を大切にしている女性

以前ブログでも紹介したセルフラブも、自分を愛でる方法です。しかし、その他にも自分を愛でる方法があるので、ストレスなくできるものを取り入れてみてくださいね。

掃除をして部屋の床面積を広げよう

床は自分の頭の中や自分自身を表していると言われています。そのため、床にモノが散らばっているとムダな情報が多く、重要なことについて考えるスペースがなくなってしまいます。

また、床は自分自身を表していることから、床の上にモノを置いていると本当の自分自身を覆い隠していることになります。

自分の使命・強み・やりたいことなど、自分自身と向き合うには床のモノを取り除き、床面積を広げるのがおすすめです。もちろん掃除もお忘れなく!

人間関係を見直してみよう

良好な人間関係の女性たち

今の人間関係に満足していますか?一見関係が良好そうに見えても、人と人の間にはいろいろな感情が渦巻いています。そのため自分にとってストレスに感じる人との関係を思い切って整理してみましょう

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、一緒にいると自分がイヤだなと思う考え方をしている人に引き下げられるおそれがあります。

自分自身を引き下げないためにも、自分と考え方が合わない人やストレスに感じる人とは適度な距離感を取り、接するのが良いでしょう。

高すぎる美意識を手放そう

美意識の高い人が増えた昨今ですが、過度な美意識がストレスになっていませんか?「もっとキレイになりたい」という想いは女性なら誰しもが持っているもの。ですが、それに縛られたり、囚われたりしている場合はその意識は見直すのがおすすめです。

堕落や怠惰はよくありませんが、抑制しすぎるのも良くありません。自分で欠点と思っている部分も個性と捉えられるようなマインドセットも大切◎自分を大切にできているかを基準に考え、美意識のバランスを考えてみてくださいね。

自分を愛でて、心も肌もうるおそう!

自分を愛でて美しい女性

自分を大切にしている人は、心が健康になり、肌もうるおい、表情も明るくなります。内面から美しく輝く女性を目指したい方は、今日からでも自分を愛でる習慣を試してみてくださいね。

五感が心地よいと感じるライフスタイルを送るためにも、まずは自分自身を知ることから。Santéでは自分の現在地を知るお手伝いとして、無料のパーソナルカウンセリングを行っています。まずはお気軽にLINE公式のご登録を◎「お肌のカウンセリング」ではなく、「自分自身と向き合う時間」として、ご活用いただけたら幸いです。

こちらの関連記事もオススメ♪
多方面から自分を見つめる女性

自分のこと大切にしてる?今日からできるセルフラブの方法3選

こんにちは、Santéです。
Santéには美容部門・食部門・コミュニティ部門の3つの柱があります。Santé の考える3つの美容(外面・内面・メンタル)のバランスを整えるためです。この3つのバランスが整ったとき、内側から自信がつき、自然と笑顔が溢れてきます

また定期的なイベント・化粧品開発・農業などさまざまな活動を通して、心から満たされ、心から笑いあえる場に、安心感と使命が活かされて、1人ひとりの個が輝く場を提供しています。その中で、こちらのブログではSantéの1つの柱である「美容」について発信していきたいと思います。

みなさんは「セルフラブ」と聞くとどのような印象を持つでしょうか?「ナルシストっぽい」という印象を持つ方が多いのではないかと思います。ここでいうセルフラブとは「自分を大切にすること」。でも「自分を大切にするってどうすればいいの?」と疑問をもった方に、具体的な方法も3つお伝えします。

ナルシシズムとは違う!セルフラブとは?

セルフラブとナルシシズムの違い

セルフラブは日本語に直訳をすると「自己愛」となるため、ナルシシズムと思う方は多いかもしれません。しかし、その意味は大きく違います!というのも、ナルシシズムは自分だけを愛することを指し、自分のこと以外は目に入っていない状態。一方セルフラブとは、ありのままの自分でいられるような感覚や、自分の短所や弱さも受け入れ等身大の自分でいられている状態のこと。

どちらも自分のことに意識を向けていますが、ナルシシズムでは「自分が一番」という意識が働き、他者に嫉妬したり共感できなかったりするのに対し、セルフラブ的な考え方だと、ありのままの自分を受け入れるため、他者の良さや個性も認められるようになります

今日からできるセルフラブ!

自分と向き合う女性

セルフラブ=自分を大切にすること、と言っても何をどうしたら良いのかわからない…という方のために、今日からはじめられる簡単な方法をご紹介します。なにも必要ないので、無理なく始められそうなことを生活に取り入れてみてくださいね

自然体でいられる場所を見つける

人は誰しも役割を演じています。家庭であれば「妻・お母さん」、職場であれば「上司・先輩・後輩」など。これも自分のひとつの面ではありますが、「自分らしいか?」と問うてみると、どこかでガマンしてしまっているところもあるのではないでしょうか?

そこで自分を100%解放できる場所を見つけるのがおすすめ。自分にとって「居心地が良いな・心地良いな」と思えるということは、自分の心と向き合っている証拠。お気に入りの場所を見つけるのも良し、自分らしくいられるコミュニティを見つけるのも良し◎また、コミュニティに参加する場合、自分と合わない人がいる場合は適度な距離を取ることも大切です。

自分を褒めて、労って

自分自身に感謝しよう

うまくいかなかった日は「失敗してしまった」「なんでこんなことに」など、自分を責めてしまいがち。ですが、「失敗は成功の基」という言葉があるように、失敗は新しい気づきや学びになります。だから、自分を責める必要はありません。うまくいかなかった日はいつも以上に疲れていると思うので、「今日も一日お疲れ様。よくがんばったね」と自分を労いつつ、失敗からどのような学びがあったのかを考えてみましょう。「自分自身と向き合えるチャンスをもらった」と思い、心の声に耳を傾けてあげてくださいね

感謝で一日を締めくくる寝る前のセルフラブ

一日頑張った自分自身に「ありがとう」を伝えていますか?食べ物がおいしいと感じられるのも、仕事ができるのも、趣味に没頭できるのも、自分の体がきちんと動いてくれているから。当たり前になりがちですが、これってすごいこと。足・腕・お腹・心臓など、それぞれの体のパーツを撫でながら、感謝を伝えましょう

お風呂に入っているときでももちろんOK◎でも寝る前にいろいろ考え事をしてしまう方は、寝る前がおすすめ。感謝の言葉と気持ちで思考がいっぱいになり、良い気分で入眠できますよ

セルフラブで自分とコミュニケーションしよう

自分を大切にしてハッピーな毎日を

セルフラブは自分を大切にすること。つまり自分の心や体の声に耳を傾けることが最大のセルフラブになります。忙しい方ほど、自分と向き合う時間を1日に1回は作ってみてくださいね。他人とのコミュニケーションも大切ですが、自分自身とのコミュニケーションもお忘れなく

Santéでは、3つの美容(外面・内面・メンタル)のバランスを整えるためパーソナルカウンセリング体制や、五感のバランス(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)が整ったライフスタイルを送るお手伝いをし、より豊かで幸せな人を増やす活動をしています。「内側から自信のあふれる美しい女性=ソンティスト」にあなたもなりませんか?
また「一人ひとりが輝く場を創る。」を理念に、「ソンティ・ヴィレッジ」の構想も開始。

まずは、自分の現在地を知るためにも、ぜひSantéのLINE公式にご登録を。無料パーソナルカウンセリング体験を行っていますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

こちらの関連記事もオススメ♪