メイク崩れ」タグアーカイブ

マスク蒸れに負けないメイク術3選!湿度が高くてもメイクを楽しもう

マスク蒸れに負けないメイク術3選!湿度が高くてもメイクを楽しもう

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。
私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

マスク生活も長くなりましたが、湿気が多くなるとマスク内が蒸れ、メイク崩れが気になる人も多いのでは?そこで今回は湿気に負けない、メイク術をお伝えします。今日からはじめられることばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

なんでマスクをするとメイクがヨレるの?

マスクを外す女性

マスクでメイクがヨレる原因は主に3つあります。それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

マスクと摩擦

マスクと肌が擦れることで、物理的にメイク崩れを起こします。とくにマスクのサイズが合っていないときは要注意!口を動かす度にマスクも動き、擦れてメイク崩れを起こしてしまいます。顔に合ったサイズのマスクを選ぶのがポイントです。

マスクによる蒸れ

マスクを外して鏡を見る女性

マスクをすると口や鼻など、呼吸をするところを覆うため、呼気により蒸れやすくなります。また6月・7月の梅雨の時期は湿度も気温も高くなり、汗をかくのでより蒸れやすい環境に…。蒸れによる湿気でメイクを浮き上がらせてしまうため、メイクが崩れやすくなってしまいます

マスクの蒸れからの乾燥

湿度が高いと肌がうるおっていると思いがちですが、むしろ逆!マスク内が蒸れると、水分が蒸発するときに肌の水分が奪われるため、乾燥しやすい状態に…。肌が乾燥するとファンデーションのノリが悪くなり、メイク崩れが起きやすい環境になってしまいます。

マスクでヨレにくい&崩れにくいメイク術のコツ

マスクをつける女性

湿度が高くなる季節はちょっとしたコツを覚えるだけで、1日キレイなメイクを楽しめます。肌、気温、湿度の状態に合わせ、自分に合った方法を試してみてくださいね。

メイク前のスキンケアは入念に

保湿不足は乾燥だけでなく、過剰な皮脂の分泌にもつながります。肌が乾燥しているとメイクのノリも悪くなるのでしっかり保湿をすることがポイント。化粧水・美容液・乳液の順にケアし、乾燥が気になるところはクリームを使うのがおすすめです。スキンケアがなじんでからメイクをするようにしてくださいね。

ファンデーションは薄づきに

皮脂や汗に強いファンデーションを選ぶのはもちろん、薄く付けるのもメイク崩れを防ぐコツ。肌悩みをカバーしようと思って、厚く塗るとヨレたり崩れたりする原因になるので、薄く塗布するのがおすすめです。

フェイスパウダーで過剰な皮脂を防ぐ

クリアリールースパウダー

フェイスパウダーは過剰な皮脂や化粧品の油分を吸収するため、ファンデーションの上に重ねるとメイクの持続力UP!とくに皮脂の分泌が多いTゾーンやマスクが当たってファンデーションの色移りがしやすい部分に使うのがおすすめです。

マスク生活でもメイクを楽しもう!

外でマスクをつける女性

メイク方法を少し変えるのももちろん有効ですが、もう一つおすすめなのが肌にピタッと密着するファンデーションを使うこと。ソンティコスメティックでは肌にピタッと密着するクリアウォーターファンデーションとクリアリールースパウダーをご用意しています。

珍しい2層式タイプのファンデーション。1本で下地・日焼け止めの役割もあるため、ちょっとしたお出かけならこれだけでOK◎そして肌質別に選べるクリアリールースパウダーでメイク崩れを防ぎます。ぜひソンティコスメティックの公式ページを覗いてみてくださいね。

Santéでは、3つの美容(外面・内面・メンタル)のバランスを整えるサポート。『自分を知る』ことで、ご自身の現在地がわかり、自信へとつながります。

スキンケアの相談でなくてもOK◎「ただ話しを聴いてほしい」という方も、ぜひSantéのLINE公式にご登録を。30分の無料カウンセリング体験を行っていますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket

こちらの関連記事もオススメ♪
マスクのメイク崩れ対策

マスクメイクも崩さない!メイク崩れ相談室

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。
私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、
内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

夏になると気になるメイクのヨレ。
メイク崩れは原因別に対処するといいですよ。

メイク崩れの原因は3つ

メイク崩れの原因

メイク崩れの原因

メイク崩れの原因はエリアによってさまざまです。
原因は主に3つ。

1)Tゾーン、小鼻、あご      皮脂によるくずれ
2)目、口まわり         乾燥によるくずれ
3)ほうれい線、眉間、額、目尻  表情の動きによるくずれ

皮脂線が多いTゾーンや小鼻、あごではベタつきによるメイク崩れが起こります。
目や口周りは皮膚が薄いため乾燥しやすく、ファンデーションがパサつきが気になるところ。
ほうれい線、眉間、額、目尻など表情が動くところは会話や食事をすることで、ヨレやすいのです。
またシワが目立つエリアなので、厚塗りするとメイク崩れが目立ちやすい

注意していきたいところですね。

こんな傾向がある人は要注意!

  • 肌が乾燥しやすく、テカリが多い
  • ファンデやコンシーラーで厚塗り
  • スキンケア後すぐのメイク

肌が整っていないと、メイクのりが悪くなり崩れやすくなります。
スキンケア後すぐは肌に水分が残っているので、そのままメイクすると肌への密着率が低下。
時間がたつと特に顔の動きが多い場所から崩れてきます。

他にはアイラインやマスカラが目の下につくメイク崩れがあります。
それらはパウダー不足が原因です。
目のキワまでパウダーを塗って対処していきましょう。

マスクメイクのお悩み

マスクはムレや摩擦で崩れやすい

マスクはムレや摩擦で崩れやすい

マスクが常用されることで、新しいメイク崩れが出てきました。
マスクをすることで顔半分がムレやすくなります。
それによるベタつき、マスクの摩擦によるメイク崩れが新しい悩み。

  • リップやチークがマスクにつく
  • ファンデーションがとれる
  • 口周りが乾燥しやすい

マスクは口を覆っているので、今まで以上に保湿されてるように感じます。
しかし、これからの季節エアコンで部屋が乾燥しやすい。
そんな時に、マスクをつけたり外したりを繰り返すと、部分的に乾燥するので注意が必要です。

メイク崩れを防ぐ対策

メイク崩れはエリア別に対処しよう

メイク崩れはエリア別に対処しよう

メイク崩れといっても、部分によって原因と対策が違います。
今回はよくある5つをご紹介します。

  1. Tゾーンや小鼻、あご周り
  2. 目や口周り
  3. ほうれい線や額のあたり
  4. スキンケア後のメイク崩れ
  5. マスクによるメイク崩れ

皮脂による崩れ(Tゾーン、小鼻、あごなど)

Tゾーンは保湿でテカリを抑える

Tゾーンは保湿でテカリを抑える

テカリが多い時は、保湿をしっかりして肌を整えましょう。
皮脂が過剰に分泌して、メイク成分と混ざっている状態です。

その上で、

・収れん化粧水で皮脂を抑制
・フェイスパウダーで皮脂を抑える
・こまめな化粧直し
・スプレー化粧水で日中の保湿
・パール感の強いハイライトはテカリに見えるので避ける

これらで、メイクが崩れにくくサラッとした肌質に見えます。

乾燥による崩れ(目、口まわり)

肌が粉をふいて、メイクしてもパサつくのが原因です。

・スキンケアでしっかりと乳液やクリームを使う
・日中もスプレー化粧水など保湿ケア
・週1回のパックケアなどで保湿力アップ

ベースのスキンケアで保湿を十分に行うことで、メイクのりが良くなりますよ。

表情の動きによる崩れ(ほうれい線や額のあたり)

ほうれい線周りは薄づきで

ほうれい線周りは薄づきで

動きの多い部分は、メイク崩れが目立ちます。
しっかり対策していきましょう。

・密着力の高いアイテムに変更
・メイクの厚塗りを避けて、薄くつける
・ファンデーションやパウダーはシワをしっかり伸ばしてからつける
・フェイスマッサージでシワを伸ばしてからメイクする

毎朝できるフェイスマッサージ法はこちらをチェック。
毎日10秒で差ができる!小顔マッサージ

ファンデーションの中でも、水ファンデ、クッションファンデ、リキッドファンデなどは密着力が高いのでオススメです。
その時も厚塗りにならないようにしましょうね。

スキンケア後のメイク崩れ

スキンケア後のすぐのメイクはNG

スキンケア後のすぐのメイクはNG

化粧水や乳液が肌になじむまで、メイクは避けましょう。
肌になじませている間に、フェイスマッサージをするのもオススメです。

急ぎでメイクしたい時は、ティッシュを肌につけて水分をオフ
ある程度ヒタヒタ状態が収まってから、次のステップに入りましょう。

マスクによるメイクの崩れ

マスクメイクはオイルフリーで密着力の高いものを

マスクメイクはオイルフリーで密着力の高いものを

マスクメイクはムレや摩擦が原因です。
対策はベースメイクにあり!試してみましょう。

・密着力が高く、マスクにつかないアイテムを使う
・マスクに隠れている部分もベースメイクはしっかりと
・チークなどはつけないのも手
・リップはティントタイプなど落ちないものを
・顔の下半分はマスクに隠れていますが、きちんと日中の保湿も忘れずに

マスクで見えないからといって、ベースメイクをしないのはNG
紫外線予防効果が薄れるので、シミの原因になります。
水ファンデーションは密着力が高いので、マスクメイクにぴったりです。

他にもマスクスキンケアの注意点があるので、こちらもチェック。
トラブル続きのマスク肌!3つのポイントで美肌でのりきる

ティントタイプはマスクにつきにくい

ティントタイプはマスクにつきにくい

最近はリップをしない人も増えてますね。
が、ふとマスクを取った時の顔写りに影響しています。

リップをするときは、ティントタイプを選んでみて
マスクを外した時の印象が明るく見えますよ。

もっとキレイを知りたいならLINE公式へ

じめじめした季節にやってくるメイク崩れ。
対策をして、しっかりと予防していきましょう。

Santéでは、身体と心の健康に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。
「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket

こちらの関連記事もオススメ♪