ホルモン」タグアーカイブ

お酒と女性

女性が酔いやすいのはホルモンの関係?!酔いやすい時期と注意点

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。
私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、
内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

生理前は女性ホルモンの関係で、むくんだり便秘になったりしますが、
実は普段に比べてお酒に酔いやすくなっています。

今回は、女性ホルモンとお酒についてご紹介しますね。

女性ホルモンと酔いやすさの関係性

女性ホルモンは酔いやすくする?!

女性ホルモンは酔いやすくする?!

お酒で酔いがまわるのはなぜでしょうか。
それは、肝臓でアルコールが分解されるのですが、その速度が追いつかず、血中にアセトアルデヒドという酔いの成分が残るため。

そもそも女性は男性より筋肉量が少なく、肝臓のアルコール分解酵素が弱い傾向にあります。

第2の肝臓と呼ばれる筋肉量が低いと、アルコールにも弱くなりがち。
カラダの作りから、女子は男性よりアルコールの影響を受けやすいのです。

さらに女性ホルモンである「エストロゲン」は、アルコール分解酵素を抑制します
ホルモン分泌が活発な20代〜30代女性は、お酒が弱い人はこういった理由から。

特にエストロゲンが分泌が多い生理前は、アルコール分解にいつもより時間がかかり、
「いつもより酔いやすい」時期になります。

アルコール分解能力が下がると、
二日酔いや皮膚が赤くなったり、心拍数の増加、悪酔いになりやすいので注意が必要ですね。

お酒に強くなった!は女性ホルモンの減少?

お酒が強くなる理由

お酒が強くなる理由

「最近、お酒に強くなった」

と感じる方は、もしかしたら女性ホルモンが減少しているかもしれません。
というもの、閉経後に女性ホルモンが減りお酒が強くなったという人は多いのです。

エストロゲンは更年期である45歳以降に急激に分泌低下します。
女性ホルモンは生理だけでなく、肌のうるおい、髪のツヤ、女性らしい身体づくりなどに関わっています。

お酒に強くなるのはうれしいですが、
そのほかの機能が低下していないか気をつけてみましょう。

女性ホルモンの減少が気になったら、
ホルモンの働きを助けてくれるイソフラボン食品を取り入れるのがオススメです。

お酒の強さは、遺伝子で決まるので基本的に変わることがありません。
しかし適度な運動や、バランスの良い食事など生活習慣を整えることで、肝臓が強化されることがあります。

お酒は上手に楽しもう

お酒は上手に楽しもう

お酒を適切に楽しみたい時は

  • 空きっ腹にお酒を入れない
  • ウコンなど肝臓を強化する栄養素を取り入れる
  • こまめに水分補給する
  • 一気にお酒を飲まず、時間を調整する

など、お酒の飲み方を工夫すると良いでしょう。
こうすることでアルコールが分解しやすくなり、無理なく飲むことができますよ。

カラダのタイミングも配慮して、楽しくお酒を楽しみましょう。

もっとキレイを知りたいならLINE公式へ

飲み会の時はお酒を楽しく飲みたいですよね。
ただお酒の強さは人それぞれ。
さらに女性の場合は酔いやすいタイミングがあります。

無理せずに、楽しめる範囲でアルコールをとっていきましょうね。
Santéでは、身体と心の健康に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket

運気アップする月サイクル

月を味方に!運気アップするルナサイクルとは

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。
私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、
内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

新月から満月、そしてまた新月へ。
月の満ち欠けは、思った以上に私たちに影響しています。

今回は、そんな月のリズムをお話しします。

新月は願い、満月で叶う

月のサイクルにのろう

月のサイクルにのろう

月は古来から暮らしに深く関わっていました。
農作物の収穫だけでなく、女性であれば出産や生理のリズムも左右します。

それは月の引力が、約40万キロ離れた地球に影響しているから。
そのチカラは植物や動物だけでなく、私たち人にも、大きく関係しているのです。

そんな月のサイクルは、昔から儀式にも使われていました。
月には目に見えないパワーがあり、その人の願いを叶え、運気アップすることも。

実は「新月の時に願い事をすると、満月の時に叶う」と言われています。
ヨガでは新月からアクティブな動作を、満月からデトックスする動作を取り入れています。
農業では新月にタネをまき、満月に収穫するサイクルがあるのです。

女性は月のパワーを感じやすい

女性は月のパワーを感じやすい

最近では新月や満月時に、月のエネルギーを感じる人も増えてきました。

「なんとなく頭がクリアになる」
「体が軽くなった」
「最近、眠気を感じる」
「気持ちが楽になった」

と思うことがあれば、月を感じている証拠。
人の周期と月のサイクルはリンクしています。
月の満ち欠けに合わせた習慣を取り入れることで、よい流れを引き寄せやすくなります。

新月・満月に意識したい習慣

新月と満月に行うとよい習慣があります。
ぜひ取り入れて、運気アップさせちゃいましょう。

新月

新月はスタートや願い事を決めるのにオススメ

新月はスタートや願い事を決めるのにオススメ

「浄化しやすい時期」
エネルギーがリセットされるので、スタートするのによいタイミングです。

  • 掃除
  • 断捨離
  • 断食やファスティング
  • 今までの振り返り
  • 新しい目標を立てる
  • セージなどを炊いて空間を浄化する

満月

満月は見つめ直す時期

満月は見つめ直す時期

「エネルギーが満ちる時」
物事を吸収しやすい時期なので、必要なものを取捨選択しましょう。
気持ちがざわめきやすい時は、何もせず落ち着かせることも大切です。

  • マッサージなどで身体のデトックス
  • 感情が揺れやすいので、気持ちの整理をする
  • 瞑想をしてインスピレーションをもらう
  • パワーストーンや植物を月光浴する
  • 日頃のことに感謝する
  • 新月の願いを修正する
マイ星座の新月・満月は要チェック

マイ星座の新月・満月は要チェック

また新月・満月を迎える星座で、エネルギーのテーマが変わってきます。
とくにマイ星座の時は、ラッキーデイ
いつも以上にエネルギーが満ちやすいので、よい流れが掴みやすくなりますよ。

おひつじ座  :新しいチャレンジ、開拓
おうし座   :富や財力、五感を満たすもの
ふたご座   :コミュニケーション、発信
かに座     :母性、家庭
しし座     :創造性、自己実現
おとめ座   :奉仕、癒し、分析
てんびん座 :芸術、パートナーシップ、社交性
さそり座   :情熱、探究心、フェロモン
いて座    :スピリチュアル、憧れ、旅
やぎ座    :ビジネス、保守的、自己管理
水がめ座  :テクノロジー、独立
うお座    :夢、妄想、自由

月の満ち欠けのサイクルを生活に取り込むと、ツキが回ってきやすくなります。
それは、本来私たちが取り入れてきた旧暦のサイクルでもあります。

古来から新月・満月の流れに身を任せ、自然とともに暮らしていたのです。
今はテクノロジーが発達し便利になった反面、時間や四季を感じる機会が少なくなりました。

月を感じることで、せわしない生活から自分のリズムを取り戻していきましょう。

もっとキレイを知りたいならLINE公式へ

ムーンパワーを味方につけると、どんどん流れが良くなります。
空を見上げて、月のエネルギーを感じ取ってくださいね。

Santéでは、身体と心の健康に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。
「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket