月別アーカイブ: 2022年2月

今にも舞いそうな花粉

3月に向けての肌準備はバッチリ?!おすすめの春の肌ケアとは?

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。
私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、
内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

3月は春のように暖かい日もあれば、冬に逆戻りしたかのように寒くなる日もある、気温差の大きな月。季節の変わり目であるとともに、花粉の飛散もはじまるため、肌がゆらぎやすい時期でもあります。そこで、今回は3月におすすめの肌ケア方法をご紹介します。

3月に起きやすいトラブルとは?

悩まし気に鏡をみる女性

3月は冬と春を行き来している時期のため、寒暖差が大きく、肌がゆらぎやすい時期となっています。さらに2月の後半からは花粉の飛散も加わり、肌へのダメージが気になるとき…。今から3月に起きやすいトラブルを把握し、健やかな肌をキープするための準備をしましょう。

気温の変化

3月は暖かい日と寒い日が混在している時期。一日の中でも寒暖差の大きいのが特徴です。肌がその変化についていけず、水分と皮脂のバランスが崩れてしまい、バリア機能が低下する原因に…。肌のバリア機能が低下すると乾燥している空気の影響を受けやすくなるため、注意しましょう。

紫外線

紫外線は一年中降り注いでおり、3月頃から府注ぐ量が増えると言われています。紫外線を浴びるとシミやそばかすができるイメージですが、シワやたるみの原因にも…。

また紫外線を浴びると肌を守ろうと角質を分厚くします。すると化粧品で角質にうるおいを与えても十分に届かず、キメの乱れ・ごわつき・ざらつきなどの肌荒れにもつながります。

花粉による影響

花粉もはだトラブルの原因になることをご存知ですか?花粉が肌に付くと、かゆみ・かさつき・赤みを生じ、炎症や乾燥の原因となります。3月といえど、空気は冬と同じくらい乾燥しているため、肌のバリア機能が低下しているので要注意。鼻をかむときのティッシュによる摩擦にも気を付けましょう。

進学や就職などで環境が大きく変化する時期でもあるため、ストレスも肌荒れの原因に。自分なりのストレス発散方法を見つけてストレスをためないようにしましょう。

3月の花粉シーズンにやっておきたいスキンケア方法3選

満足そうに肌を触る女性

季節の変わり目は気温などの変化から、肌がゆらぎがちな方も多いと思います。その中でも特に3月は紫外線量が増えたり、花粉が飛散したりと肌にとってはトラブルの原因がいっぱい!健やかな肌をキープするためのスキンケア方法を3つご紹介します。

花粉のついた肌は洗顔で清潔に

花粉だけでなくホコリなどの汚れも肌に付きやすいのが3月。夜にしか洗顔をしていない方は朝も洗顔を取り入れるのがおすすめ。というのも、寝ている間も外から持ち込んだ花粉やホコリが肌に付いているかもしれないから。

「でも朝は忙しいから」という方にはソンティコスメティックの泡立てないクリーム洗顔がおすすめ。泡立てる必要がないため、約30秒で洗顔が終わります。◎忙しい朝でも手軽に洗顔でき、肌を清潔に保てます。

しっかり保湿

3月は冬と同様、空気が乾燥しています。2月に引き続き乾燥を意識して、しっかり保湿することを心掛けましょう。ソンティコスメティックでは化粧水のあとはクリームだけの、たった2ステップ。

季節や肌の乾燥具合に応じて量を変えるのがおすすめです。3月はまだ乾燥が気になる季節のため、目周りや口周りなど、乾燥しやすい部分には重ね塗りをして、乾燥を防ぎましょう。

外出時は紫外線と花粉から肌を守ろう

実は紫外線は3月から強くなりはじめると言われています。紫外線によって受けたダメージはのちのシミ・シワ・たるみなどの老化の原因に…。また紫外線により肌が乾燥し、さまざまなトラブルを引き起こしかねません。

3月は紫外線に加えて花粉も多い時期。日焼け止めを塗布して肌をコーティングすることで、紫外線だけでなく花粉やほこりなどの外的刺激からも肌を守ってくれます。

まとめ

生き生きとした表情の女性

毎日当たり前に行っているスキンケアでも、肌の調子に合わせて丁寧にスキンケアをしましょう。「自分の肌状態がわからない」という方はソンティコスメティックのカウンセリングをぜひお試しください。

もっとキレイを知りたいならLINE公式へ

簡単だけど忘れがちなひと工夫は、タイミングを決めて取り入れると実践しやすいですね。
保湿ケアはこまめな対応が大切です。

Santéでは、身体と心の健康に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket

こちらの関連記事もオススメ♪
頬に手を添える女性

乾燥注意報!たっぷり保湿で冬の肌荒れを防ごう

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。
私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

2月は空気が乾燥しているだけでなく、花粉も飛び始める時期に突入します。乾燥以外の肌トラブルも起きやすい時期なのでスキンケアは念入りに。2月がどのような肌状態になっているのか、またどのような対策が必要なのか、お伝えします。

寒い時期の肌はどうなっている?

スキンケアに悩む女性

季節が変われば気温も湿度も変わります。そのため、季節が移ろうとともに、肌の状態も変化します。では寒い時期の肌はどうなっているのでしょうか?

肌は乾燥から守るため、バリア機能がそなわっています。その役割は外的刺激から肌を守ることと、肌表面の角層から水分が蒸散することを防ぐこと

このバリア機能は角層内の水分を保持するNMF(天然保湿因子)と細胞と細胞のスキマを埋める細胞間脂質でしっかりうるおいが保たれている状態のときに機能します。また肌上にある、水分と皮脂が乳化してできた皮脂膜も肌のバリア機能の一つ。「天然のクリーム」とも呼ばれており、水分の蒸散を防ぎます。

しかし冬は空気が乾燥しているため、角層内の水分が奪われがち…。また気温も低いことから肌が冷えて汗もかきにくく、皮脂の分泌も鈍くなってしまいます。するとバリア機能がうまく働かず、乾燥の原因になることもあります。

冬に起きやすい肌トラブルとは?

鏡を見て悩む女性

乾燥がピークの2月に起りやすい肌トラブルとは?

・ニキビ
・乾燥による小じわ
・くすみ
・キメの乱れ

肌が乾燥するとこのような肌トラブルの原因に…。冬は空気が乾燥しているため、しっかり保湿をしないと肌が砂漠状態になります。すると肌が自分自身を守ろうと皮脂を過剰に分泌させ、ニキビの原因に。また冬は気温が低く、肌の機能が鈍くなり、くすみやキメの乱れにもつながります。

冬の肌トラブルを防ぐためのスキンケア方法

晴れやかな表情の女性

気温が最も下がり、乾燥がピークになる2月。乾燥はもちろん、3月に向けての準備も大切。冬の肌トラブルを防ぐためのスキンケア方法をお伝えします。

入念な乾燥対策を

化粧水と乳液だけでスキンケアを終えている方で、肌のツッパリや物足りなさを感じている方はクリームをプラスするのがおすすめ。化粧水で角層内にうるおいを満たし、油分を含むクリームでフタをしてうるおいを保ちましょう。日中乾燥を感じる部分は、クリームを少量取り、トントンと優しく馴染ませてみてください。

紫外線対策も忘れずに

紫外線の量は季節や天気によって増えたり減ったりしますが、年中地上に降り注いでいることに変わりありません。2月は肌が乾燥しやすく、紫外線の影響を受けやすくなっています。そのためしっかりと保湿をしたうえで、紫外線対策もしっかりすることが大切。日焼け止めまでがスキンケアと心掛け、健やかな肌を目指しましょう。

体の中から温める食材を

私たちの体は食べたものからできています。それは肌も同じ。夏なら夏、冬なら冬の旬の食材を食べることで、体を冷ましたり温めたりすることができます。2月の旬の食材といえば、大根やれんこんなどの根菜、春菊や小松菜などの茎と葉を食す野菜などを食事に取り入れるのがおすすめです

もっとキレイを知りたいならLINE公式へ

2月は乾燥がピークのため、肌を乾燥させないよう気を付けましょう。2月の後半からは3月の準備をするのがおすすめ。特に花粉や紫外線は要注意です!

Santéでは、身体と心の健康に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket

こちらの関連記事もオススメ♪
2022年ソンティがオススメしたい美容記事5選

2022年ソンティがオススメしたい美容記事5選

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。
私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、
内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

美容は内面の美しさと、精神の安定さが鍵。
だけど、基本的な美容知識でお肌を守ることも大切です。

絶対押させておきたい美容知識5選

美容の基本

美容の基本

今回ソンティスタッフが、絶対知ってほしい美容知識を5つの記事でご紹介します。
美容って難しいことではありません。
基本ときちんと知って、惑わされないこと、自分に合った美容法で、強い肌にして行くことが大切です。

世間的に流行っているものでも、噂程度に囁かれている情報に飲み込まれないで!
知っているだけで、10年後の肌が全然変わってきます。

そんな美容情報をわかりやすくまとめた記事を、ぜひご一読ください。

1)その美容法間違ってない?肌質を知って美肌になろう!

肌ってひとりひとり違うけど、大きく4つに分かれています。
自分の肌の特徴を知ることで、注意ポイントがわかってきます。

肌質が違えば、選ぶ化粧品や方法も変わってくるはず。
ニキビができても、焦らず対処できますよ。
まずは、一番はじめに知ってほしい肌質から。

その美容法間違ってない?肌質を知って美肌になろう!

2)美肌を保つスキンケアの4原則

スキンケアって高級な化粧品をつけたり、エステに行くことだけじゃないんです。
つまり、美肌を保つために必要なポイントは、たったの4つ

美肌になる基本は昔から変わっていません。
「だからピーリングやりすぎNGかも」
「冷えってよくないのね」
「日焼け対策って油断できないな」

と、再確認していきましょう。
基本のキを知っておくことで、美容が内面とつながる理由が少しずつわかってきますよ。

美肌を保つスキンケアの4原則

3)年齢に負けない!ターンオーバーを整える5つの秘訣

肌が年齢に関係する理由、それは「ターンオーバー」。
細胞の入れ替わり周期が、年々遅くなるごとに、肌の透明感が失われやすくなります。

でも大丈夫!!
ターンオーバーに負けない肌作りができるんです。
これを読めばきっと、生活習慣は変わるはず。

年齢に負けない!ターンオーバーを整える5つの秘訣

内側にも注目して

内側にも注目して

4)五感を大切にして、気持ちを楽にしよう

今、ソンティブログで一番人気の記事。
心のあり方を見直す人が増えています。

心と体、心と肌はつながっている。
心の美しさは、体全体、肌にまで影響を及ぼします。

「心を大切にってどうすればいいの?」
「ストレスだらけで、余裕がない」
「周りと比べて、焦ってしまうけど、どうすれば…」

と悩んでいるなら、ぜひ読んでみて。
キーワードは「五感」、あなたらしさを引き出してくれるヒントになります。

五感を大切にして、気持ちを楽にしよう

5)言葉にはチカラがある!言霊を使いこなそう

ちょっと美容から逸れてしまいますが、大事なことなのでランクイン。
言霊使いのお話です。

いろんな言葉が溢れている世の中ですが、周りの言葉遣いに染まっていませんか?
あれ?っと思ったら、休止。
言葉を変えるだけで、今までの世界が少し違って見てるかも。

周りに与えた言葉や態度が跳ね返ってくると言いますが、みなさんも経験はないですか?
言葉遣いをポジティブに変えるヒントも載せているので、ぜひ。

言葉にはチカラがある!言霊を使いこなそう

おまけ

最後にランク外でしたが、個人的にお勧めしたい記事をご紹介します。

私の夢を叶える習慣化

「新しいことを始めたい」
「今の自分を変えたい!」

と思った時に、ぜひ知ってほしい内容です。
小さなことからルーティーンを変える下準備を重ねておく

私はこの方法をよく取り入れるようにしています。
ぜひご一読あれ!

もっとキレイを知りたいならLINE公式へ

今を輝く女性のための、キレイ情報はいかがでしたか?
美容の基本、心のあり方、内面の磨き方など多面的な方法を載せています。

気になった記事があれば、ぜひお友達にシェアしてくださいね。
そして、LINE公式ではもっと実践的な情報や、イベント情報ものせています。

よければご登録お願いしますね。

ソンティLINE公式OR

ソンティLINE公式QR

LINEで送る
Pocket

こちらの関連記事もオススメ♪