チャンスをつかむハッピーな思考術

ハッピーな思考術
LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。

私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

私たちは今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

今回は「考え方」の話。
「思考は現実化する」という言葉を聞いたことがありますか?

考えた通りに世界は動く

世界は自分が作ってる

世界は自分が作ってる

肝斑というシミは、ホルモンバランスの乱れで30代くらいからできると言われています。
一度できると治りにくいと肌トラブルだけあって、誰もが避けたいもの。

一昔前は「肝斑は一度できると治らない」と言われていました。
そんな肝斑ができた時に、「気持ちの切り替え」で治したという話があります。

それは「治らないと思うのではなく、治ると思う」というもの。
ちょっと嘘くさいかもしれませんが、このような気持ちの切り替えでトラブルを解決したという話は、世の中にたくさんあります。

今回は物事の捉え方と美容についてひも解いていきますね。

最近、脳科学が発達し「思考は現実化する」が理論的に正しいと言われています。

それは

  • 人は見たいものしか、見ない
  • 気になっている情報を、無意識に集める

など脳の特徴があるからです。

人の脳は1秒に2000個の情報に触れますが、そこから認知できるのは8〜16個程度。
つまりほとんどの情報を削ぎ落として、脳が認識しているのです。
その情報を判別する時に大切なのは、自分自身の考え方や意識です。

そこには自己評価が大きく関わっています

脳は数ある情報から「自分が正しいと思った情報を選ぶ」傾向にあるので、
そもそも自分がどう思っているか、何を信じているかが非常に大切になります。

その時に

「どうせ〇〇なんてできない」
「〇〇なんて無理だ」
「〇〇は苦手であまり良くない」

と考えていると、それと同じような情報ばかり受け取ってしまいます。

つまり自己評価で前向き、チャレンジに寛容な気持ちでいることで、
チャンスに気がつくことができるのです。

言葉や書くことで枠を外す

書いて夢を叶える

書いて夢を叶える

「どうしても前向きな気持ちになれない」
「うじうじ悩んでしまう」
「やっぱり無理だと思う」

そう思っているのであれば、言葉を変えたり、紙に書いて見ることをオススメします。

まず自分が発した言葉は、自分の耳に必ず届きます。
前向きな言葉を使っていると、無意識のうちに自己暗示をかけて、
チャレンジングな気持ちになってくるのです。

また紙に目標や好きな言葉を書いて、視覚的に訴えるのも効果的。
なんども見て思い出すという行為は、行動を変えたい時にぴったりな方法になります。

特に紙に書くときは「完了形」で書くことが大切です。

・〇〇できた

・〇〇した

すでに叶っているかのように振舞うことで、現実的に夢や目標に近づきやすくなります。

逆に

  • 〇〇したい
  • 〇〇欲しい

と思っていると、ずっとしたい状態、欲しい状態の何かが不足した環境が続いてしまうそう。
そうならないために、気持ちの切り替え。
まずは自分を演出して、ハッピーな気持ちでいることが先決なのです。

「すでに、そうであるかのように振舞う」
というとわかりやすいのではないでしょうか。
自分が一番ハッピーであるときの状態を思い出して、女優のように振る舞ってみてくださいね。

まとめ

チャレンジしたいとき、できない理由を考えるより、
「できる」と信じて行動すると成功率が飛躍的にアップするそう。

気持ちの持ち方一つで、行動が変わるのです。
ぜひ自分の考え方をコントロールして、ハッピーになっていきましょうね。

Santéでは、身体と心の健康に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。
「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

LINEで送る
Pocket