目指すは女優肌!気をつけたい5つの肌ポイント

女優肌の5ポイント
LINEで送る
Pocket

こんにちは、ソンティコスメティックです。
私たちはスキンケア会社として、女性の美容をお肌だけではなく、内面や心からもアプローチをしたカウンセリングサロンをしています。

私たちは今まで7万人以上の女性をカウンセリングしてきました。
その中で大切だと思ったことを、このブログで発信していきたいと思います。

美しい肌のポイントをご存知でしょうか。今回は肌の基礎をお伝えしていきます。

美肌の5つの条件を知ろう

美肌と言われて、どんな肌を想像できるでしょうか。

「ニキビがなくて、すべすべしている肌のこと?」
「シワやシミがない透明感のある肌?」

もちろん、これらのことも正解ですが、「うなはだけ」という5つ美肌の条件と呼ばれています。

正しい美肌を理解して、より一層美しい肌を目指していきましょう。
「うなはだけ」はそれぞれ頭文字を取っています。

う=うるおい

な=なめらかさ

は=はり

だ=弾力

け=血色

今回はこの5つの条件を詳しくお話しします。

 

うるおいは保湿が大切

うるおいは保湿力

うるおいは保湿力

うるおいは、お肌の保湿力の状態です。肌のしっとり感が大切になります。

うるおいが足りなくなると、カサカサや皮のめくれにつながってしまうので、トラブルを引き起こしやすくなります。

肌質はひとりひとりタイプが違いますが、乾燥や皮脂のテカリ具合で、それぞれにあったスキンケアを実践していきましょう。

肌質別のスキンケアはこちらの記事で、詳しく紹介しています。
『4つの肌タイプ』

なめらかさでゴワツキ防止する

肌のなめらかさ

肌のなめらかさ

なめらかさは、肌のツルツル感やすべすべ感をいいます。
キメが細かくて、肌のゴワつきがない状態です。

肌のゴワつきは、ニキビや毛穴の開きで出てきてしまいます。
ですので、しっかりとした皮脂コントロールをしていきましょう。

また紫外線を浴びていると、肌が厚く固くなってきますので、UVケアを行いなめからさをアップしていきましょう。

はりはコラーゲンの弾力性

肌の弾力

肌の弾力

はりは肌の引き締まり感を表しています。

肌の真皮層のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が、しっかりと肌を支えている状態です。
プルプルとした肌は、若々しく見せてくれますね。

肌の内側にあるため、バランスのとれた食事や、紫外線ケアなどの生活習慣が大きく関係してきます。
お肌のハリがなくなると、老けた顔つきになり表情も変わってしまいますので、みずみずしい肌になるためにも、不規則な生活は避けましょう。

弾力は表情筋で鍛える

表情筋は笑顔で鍛える

表情筋は笑顔で鍛える

弾力ははりと似ていますが、どちらかというと肌を押して戻る力のことを言います。
これらも真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸に関係してきます。

肌の弾力をつけるには、顔の筋肉体操や、普段から口角をあげて笑顔でいることが大切です。
ストレッチなどで鍛えると、引き締まったフェイスラインになり、たるみ顔を予防できます。

血色は生活習慣が大切

血色は生活習慣

血色は生活習慣

血色は肌の透明感に影響します。
血行をよくすることで、ターンオーバーを促し、肌のトラブルを軽減さえてくれます。
肌の血色はパッと見たときの印象にも繋がるので、整えておきたいですね。

血色をよくするには身体を温める食事や運動習慣、マッサージがオススメです。

普段から身体を温める習慣をつけて、柔軟にしておくことで、肌色も一段と明るくなってきます。
特に冬場の身体が冷える季節はきちんと湯船に浸かり、冷たい飲み物を避けていきましょう。

まとめ

美肌の条件の5つを知ることで、今の自分の肌に足りない部分が見えてくるのではないでしょうか。
肌の状態はスキンケアだけではなく、生活習慣にも大きく関わっています。

食事や運動、マッサージなど普段からできることを取り入れて、内側からキレイになっていきましょう。

 Santéでは、身体と心の健康肌に注目した、美容カウンセリングサロンを実施しています。「少しだけ相談したい」「肌を育てる美容が気になる」という方はLINE@の登録してくださいね。

LINEで送る
Pocket